viewerご諸賢の皆様、お早うございます

 今朝の湘南もまた昨日のように爽やかな初夏の光と空気をいっぱいにしておりますが、viewerご諸賢は如何お過ごしでしょうか?

 私事で恐縮でございますが、あたしゃあ、只今職場でシステムの研修を受講しておりまして、久しぶりに土日を休みとさせて貰いました・・・

 んだから、今朝はゆっくりと目覚めることができたんれすが、いやぁ、まいりましたわぁ・・・

 研修受講者中、オヤジはわて独りなんですわなっ

 初めて触れるシステムのログインから指導されたんれすが、もぉ一発目からログインができなかったんれすわぁ・・・

 幾つものシステムが在って、みんなID・PWを異にしており、それだけでも音を挙げる処を、ウィンドウズ10いうのは初めてで、もぉのっけから面喰わされちゃって、該当するインターフェイスに辿り着くまでに必要な操作の記憶は既に微塵も失くなってますわぁ・・・

 んでも、まぁ、自分の命脈も後僅か許りと思わば、これはもう玉砕覚悟で臨まねばなりません。

 そんなことよりですな、一つだけハッとさせられたことは、今度の配属先の上席者が挨拶に見えたんれすが、若い女性の上席者がですね、去年お世話になった所で一緒になった女の子とよく似たタイプの女性だったんれすわぁ

 去年一緒になった女の子はナツミちゃんと云いましたが、あぁ、ナツミちゃん、今頃どうしておるんかなぁ・・・?と年甲斐もなく追憶しちゃうのれす・・・バカぁ
かしこ

【ブログ背景画像解題】
 相模湾岸にて江ノ島と南北に向き合う荒崎は湘南の景勝地の一つとして知る人ぞ知る地ですが、源義経の郎党であった鈴木重家の卑属が建立したとの伝承を遺す熊野神社の境内からは爽快な眺めが満喫できます。

 鈴木重家の生家となる紀伊・名草郡藤白浦を本拠とした藤白鈴木家は饒速日(ニギハヤヒ)命の後裔という出雲族の流れとされ、多弁(たわき)宿禰を祖として古代朝廷にて穂積臣と称された水軍の武家でした。

 鎌倉幕府御家人として承久の乱後に尾張守護に補せられ幕府では評定衆を任ぜられた中条家長の後裔は長らく三河・賀茂郡下の高橋荘を営み、中条氏の配下にも藤白鈴木家が在ったことを伝えます。

 徳川家康の高祖父として三河・額田郡下の岩津城を北条早雲こと伊勢宗瑞率いる今川氏の軍勢に囲まれた松平長親の母方祖父を鈴木重勝と伝え、藤白鈴木家から岐れた武家として伊豆半島にて相模湾岸となる稲取岬を拠点とした江梨鈴木家は小田原北条氏の配下にて水軍の将を務めた武家でした。