朝廷が定めた相模一ノ宮・寒川神社は相模川の東岸に臨むが、それと対峙するように広大な平地に臨む相模川の西畔に前鳥神社が建ち、多くの神職が常駐する寒川社の境内が確かに清潔をよく保つのに対し、人手を少なくする前鳥神社の境内は塵埃を多くしながら、何かしら古くから在った風情を感得させる。

 東日本で唯一菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)を祭神として祀る前鳥神社は今の皇室の祖となる継体天皇が立つ以前の古代に相模国府の在った地であることを推測する史家が在る。

 稚郎子の意は継体天皇が立って以往の朝廷で皇族を大兄・臣下を宿禰と呼び、皇族と臣下の上下を年齢の差に擬制した呼称と等しく、若い子分の意だ。

 菟道または宇治の大領であったのが宮道氏で、平安初期に頻見される大領とは郡司を世襲した氏族だ。

 陸奥への玄関口となる関東際涯の地・那須大領が丈部(はせつかべ)を称えていたことを伝え、近畿から僻遠の地に郡司職を世襲した家が在ったのは容易に得心するも、畿内に大領と呼ばれた家が在ったことは注目される。

 摂関家の太祖と言える藤原冬嗣の孫・高藤が醍醐天皇を生む娘を儲けた相手が宇治大領・宮道弥益の娘・列子であり、室町幕府政所代の職を政所執事・伊勢氏の下で世襲した武家・蜷川氏は本姓を宮道と唱え、愈々菟道のルーツに拘る理由を追及したくなる。

 本州屈指の氾濫河川と言われた若狭湾に注ぐ由良川の中流畔となる丹後・加佐郡有路郷に蟻稚菟道彦を祀る延喜式内社が看られ、舞鶴市小倉にもまた号を等しくする社が看られるが、前者の近くには元伊勢神宮内宮・外宮もまた看られる。

 『延喜式神名帳』には出雲・神門郡在原郷に阿利神社が在ったことを記し、神門郡在原郷の北となる島根半島西端に出雲大社を看る。

 桓武天皇が多治比長野の娘に生ませた葛原親王の家令に就いた者が833年朝廷から有道姓を与えられた丈部氏道であり、氏道の出生地を『続日本後紀』は常陸・筑波郡と記している。

 丈部氏道の玄孫となる有道惟広は藤原道長の長兄となる中関白・道隆の家令を務め、惟広の子・惟能が武蔵・児玉郡に土着して拡がった後裔を児玉党と号した武士団とし、毛利公の家臣であった児玉家はその流れと云い、日露戦争で識られる児玉源太郎は宮中に参内した時の名簿にて本姓を有道としていた。

 児玉党の祖とする有道惟能の従弟と伝える定直こそ源頼光の郎党であった碓井貞光の正体であり、また碓井貞光は源義家を生んだ女の父と伝える平直方と同じ人物であって、相模の大族・三浦氏の祖と伝える忠通とその父とする平忠光は有道定直から投影された虚構の名であった。

 平家打倒に起った頼朝と呼応した三浦義明の子・佐原義連こそ義経の郎党・伊勢義盛の父であり、伊勢義盛の玄孫に該る者が初めて室町幕府政所執事に就く伊勢貞継となって、伊勢氏の下で政所代の職を世襲した蜷川氏は佐原義連の孫に該り『吾妻鏡』が安達泰盛の父とする義景が陸奥・安達郡から下越に抜ける途次の河沼郡下に蜷川荘地頭職を得た伊勢氏と祖を等しくする三浦佐原氏の流れを汲む武家であった。

【ブログ背景画像解題】
 相模湾岸にて江ノ島と南北に向き合う荒崎は湘南の景勝地の一つとして知る人ぞ知る地ですが、源義経の郎党であった鈴木重家の卑属が建立したとの伝承を遺す熊野神社の境内からは爽快な眺めが満喫できます。

 鈴木重家の生家となる紀伊・名草郡藤白浦を本拠とした藤白鈴木家は饒速日(ニギハヤヒ)命の後裔という出雲族の流れとされ、多弁(たわき)宿禰を祖として古代朝廷にて穂積臣と称された水軍の武家でした。

 鎌倉幕府御家人として承久の乱後に尾張守護に補せられ幕府では評定衆を任ぜられた中条家長の後裔は長らく三河・賀茂郡下の高橋荘を営み、中条氏の配下にも藤白鈴木家が在ったことを伝えます。

 徳川家康の高祖父として三河・額田郡下の岩津城を北条早雲こと伊勢宗瑞率いる今川氏の軍勢に囲まれた松平長親の母方祖父を鈴木重勝と伝え、藤白鈴木家から岐れた武家として伊豆半島にて相模湾岸となる稲取岬を拠点とした江梨鈴木家は小田原北条氏の配下にて水軍の将を務めた武家でした。