東京湾に向かって東へ突き出た本牧の地に和田山とする地名を今に遺すように、本牧の地は往古に鎌倉幕府で初めて侍所の長官に就いた和田義盛に縁の有る地だが、源頼朝によって朝廷の権威を毀つ上総介広常が粛清された後、広常が支配していた広大な上総の地に拠点を移した和田義盛は北条義時の策謀に因って倒された。

 義盛が広常の遺領を継承できたのは義盛の母方伯父となる長江義景が平公雅(きんまさ)の後裔であったからで、平将門の従兄に該る公雅は父・良兼が支配していた下総東部から上総に及ぶ版図を従弟による未曾有の国家叛逆に因り喪って東京湾を挟んだ対岸となる相模の地に逃れ、その後裔を鎌倉景政として源頼義による前九年の役での活躍を演じさせた。

 『吾妻鏡』が鎌倉景政の孫とする長江義景は今の葉山町長柄(ながえ)の地を本拠とし、義景の妹が千葉常胤と並び鎌倉幕府創業の功臣と謳われた三浦義明の長子・義宗に稼して和田義盛を生した。

 鎌倉幕府創業の原動力となった三浦義明が本拠とした三浦半島の付け根に位置する三浦郡長柄郷を本拠とした鎌倉景政の孫となる長江義景と血縁関係に在ることから、三浦義明の長子・義宗は鎌倉郡杉本郷を本拠とし、鎌倉景政の後裔らと三浦義明の卑属らとの同盟関係が強められた。

 そうした背景を持つ和田義盛が幕府の膝許となる地は固より鎌倉の地を厄する武蔵南部の本牧の地を領することは、希代の策謀家である北条義時にとって到底粛清を余儀なくするまで然程時間をかけなかった。


 本牧の地に連なる南側は根岸湾が西に向かって陸地を抉って弓状の海岸線を描き、根岸湾の南端を今は杉田川と呼ばれる小川が流れ、横浜市磯子区と金沢区の境界を成しているが、杉田川の上流にJR根岸線がトンネルを抉る小丘が視られ、寺院の境内となっている。

 杉田川を北端とする横浜市金沢区の南端は鎌倉幕府の権威を世に確立した北条義時の嫡子・泰時が工事に努めた朝比奈切通しを脱けて鎌倉から東京湾岸に到る平潟湾であり、金沢文庫を擁したことで識られる北条実時の父であり北条義時の子である実泰が領した地であった。

 幕府の本拠地を厄する東京湾岸の南端は北条義時の卑属が領したが、対する北端の地は国道16号の途上に視る青砥の地名が示す通り、『弘長記』に現れる青砥藤綱が領した地であった。

 青砥藤綱が領した今の横浜市磯子区杉田の地にて藤綱の館の在った地は現在寺院となっており、その境内に視る小丘が上に述べた処である。

 今は杉田川と呼ばれる小川は青砥藤綱の館から東京湾へ出航する船に好適な停泊地となり、今の杉田川から東京湾へ出航した船は江戸幕府の代官・伊奈忠次が旧利根川の流路を付け替え鬼怒川に合流させる迄の本来の利根川であった現在の中川の河口から内陸へと遡航した。

 為に、今も東京都葛飾区内の中川畔に青砥の地名を遺し、『弘長記』にて北条時頼の時代を生きた青砥藤綱は謡曲『鉢の木』に現れる佐野常世と同一人物であることを此処で論証するゆとりは無いが、佐野常世が北条時頼より与えられたという伝承を聞く上野・碓氷郡松井田郷にて青砥藤綱が設計を果たしたという松井田城へ向かった。

 葛飾区青砥の地と中川を挟んだ対岸に視る高砂の地名は金沢文庫を擁した北条実時の伯父・重時の被官であった赤松盛忠が築いた播磨・印南郡下の小松原城址を間近くして視る相生の松で識られた高砂神社の社号に写されており、赤松盛忠は上野・多胡郡奥平郷を領した武家を出自とした。

 足利尊氏とともに京の六波羅探題を攻めた赤松則村の祖となる赤松盛忠を派した奥平氏は藤原道長の長兄として清少納言が仕えた一条天皇皇后・定子の父となる藤原道隆の家令を務めた有道惟広の後裔であり、有道氏は『延喜式神名帳』に拠ると旧は出雲・神門郡下の在原郷に在った阿利神社が後世に伝える出雲族の後裔であった。

 出雲大社の立地する島根半島の付け根から南に開けた平野を流れる神戸川に准えて、出雲族の後裔となる青砥藤綱が領した横浜市磯子区南端を流れる今の杉田川が往古に神戸川と呼ばれたことは首都高とモノレールの高架下で杉田川が交差する産業道路の信号機表示を神戸橋としていることから推測できる。

【ブログ背景画像解題】
 相模湾岸にて江ノ島と南北に向き合う荒崎は湘南の景勝地の一つとして知る人ぞ知る地ですが、源義経の郎党であった鈴木重家の卑属が建立したとの伝承を遺す熊野神社の境内からは爽快な眺めが満喫できます。

 鈴木重家の生家となる紀伊・名草郡藤白浦を本拠とした藤白鈴木家は饒速日(ニギハヤヒ)命の後裔という出雲族の流れとされ、多弁(たわき)宿禰を祖として古代朝廷にて穂積臣と称された水軍の武家でした。

 鎌倉幕府御家人として承久の乱後に尾張守護に補せられ幕府では評定衆を任ぜられた中条家長の後裔は長らく三河・賀茂郡下の高橋荘を営み、中条氏の配下にも藤白鈴木家が在ったことを伝えます。

 徳川家康の高祖父として三河・額田郡下の岩津城を北条早雲こと伊勢宗瑞率いる今川氏の軍勢に囲まれた松平長親の母方祖父を鈴木重勝と伝え、藤白鈴木家から岐れた武家として伊豆半島にて相模湾岸となる稲取岬を拠点とした江梨鈴木家は小田原北条氏の配下にて水軍の将を務めた武家でした。